導入メリット|液体ヘリウム枯渇問題に関する情報ならヘリウムソリューション.com。

  • HOME
  • 導入メリット

導入メリット

ヘリウムガス回収方式のメリット

①高いヘリウム回収率
通常の蒸発ヘリウムガスに加えてトランスファー中のヘリウムガスを回収することで最大95%程度のヘリウムを再利用することが可能です。ヘリウム回収率は液体ヘリウムの使用量や回収システムの構成に依存します。
②年間コスト削減
年々価格が高騰しているヘリウムの購入量が大きく減少するので、ヘリウムに関わるコストの削減が可能です。また、今後の価格高騰の影響を最小限に抑えることができます。

例) 液体ヘリウム使用量 年間5000リットル、単価2000円/リットル
   年間ヘリウム購入コスト 1000万円

   ATL ダイレクトリカバリー構成を導入(ヘリウム回収率~80%)
   ヘリウムガス補填、電気代、メンテナンス トータルコスト 約400万円
   コストが半分以下
③液体ヘリウムの供給状況に左右されない
ヘリウムの内部循環システムが構築されるので、ヘリウムの供給事情に左右されません。必要な時にすぐ液体ヘリウムを使用することができます。ヘリウムの補充はガス・液体のどちらでも可能なため供給状況に合わせた対応が可能です。

完全循環方式のメリット

①高いヘリウム回収率
蒸発したヘリウムをその場で再凝縮するので構成によってはヘリウム回収率100%を達成可能です。
②トランスファー不要
自動的に液体ヘリウムが供給されるので、トランスファーの必要がありません。トランスファーに関わる作業がなくなるだけでなく、測定の中断もなくなり実験効率が向上します。また、完全自動制御のため管理者の負担が激減します。
③クライオゲンフリー
システム導入後、冷媒供給が必要ありません。