ヘリウムソリューションとはヘリウム問題を解決するヘリウム再凝縮技術をご紹介。

  • HOME
  • ヘリウムソリューション

ヘリウムソリューション

これまでに説明しましたヘリウム問題を解決する1つの方法は、ヘリウムを回収し再利用することです。現在大気放出をしているヘリウムを回収し再利用することで、循環型のヘリウムリカバリーシステムを構築しヘリウムの消費量を減らすことができます。ヘリウムを再利用するためには以下の手順が必要です。

上記手順はヘリウムガスと液体ヘリウムやヘリウムの使用状況に応じて異なります。

ヘリウムの回収:ガスバックや金属のタンクなどを用いてヘリウムを回収し一時的に保存します。
ヘリウムの精製:回収されたヘリウムの純度に応じて必要となります。ヘリウムに不純物が多く含まれており、純度が低い状態では精製器を用いて不純物を除去し、純度の高いヘリウムを精製します。
ヘリウムの再凝縮:主に液体ヘリウムを使用しているところで必要な工程となります。詳細については次で説明します。

ヘリウム再凝縮とは?

ヘリウム再凝縮技術とはヘリウムガスを回収し、冷凍機を用いて再凝縮し液体ヘリウムを得る技術です。液体ヘリウムを利用しているところでは、必須の技術となります。ヘリウムを再凝縮するために使用される冷凍機は、GM冷凍機とパルスチューブ冷凍機の2種類あります。

GM冷凍機
1959年にギフォードとマクマフォンにより開発された冷凍機です。冷凍機内部の蓄冷剤の入ったピストンを上下駆動させてヘリウムガスを断熱膨張させることで、液体の冷媒を使用することなく極低温まで冷却できる機械式冷凍機です。

パルスチューブ冷凍機
1963年にギフォードにより開発された冷凍機です。圧縮機、蓄冷機およびパルス管と名付けられた単純な管によって構成されており、低振動で静粛性に優れた冷凍機です。